Are you sharpening your tools before starting your work?

Are you working with them in the same condition as the day before?

 

 

By sharpening my tools, I switch myself into working mode.

By the time I finish preparing the tools, my heart and body is completely in working mode.

For me, the preparation of tools also prepares one’s self.

Some people take “sharpening” as simple work and do it while talking or thinking about something else. However, people’s thoughts all reflects onto their movements, and transfers until their fingertips. Tools prepared in a unfocused state like this can only reach a certain level. Repeating this work in a mentality like this, no matter if you do it hundreds of times, you will not improve.

The tools are a part of our body, the projection of our hearts.

To do excellent work, it’s necessary to prepare one’s heart and body (a tool) to the highest condition. Therefore, when “sharpening” a blade, it’s crucial to sharpen with the heart aiming for the “best cutting edge”.

The maintenance of tools is fundamental to woodworking. Only when this is achieved, one can get started with the work.

Therefore in my school, the very first thing I teach is the “sharpening of the tools”.

Understanding what the “sharpest possible edge” is with a blade I sharpened, students sharpen aiming for that.

Once you understand the perfect condition, you can decide on the condition you wish to aim for. The first thing to understand is the best condition.

It takes time to be able to sharpen to the best condition. The best way to do efficient and clean work is by making sure not to rush and properly attaining the skills of sharpening.

If you’re able to even just once create the best cutting edge, no matter the condition, you’ll be able to use that skill to prepare your tools. It is said, preparation results to 80 percent of the work. What this means is once the tools are prepared, one can say 80 percent of the work is completed. Preparing the tools to a good condition, that is, arranging your heart into the best condition, is very important.

Before starting your daily work, make sure to prepare your tools, setting your heart and body (a tool).

 

作業を始める前に、道具を研いでいますか?

昨日と同じ状態で、作業をしていませんか?

 

私は道具を研ぐことで、自身を仕事モードに切り替えていきます。

道具の手入れが終わる頃には、私の心と体は完全に仕事モードです。

私にとって道具の準備は、自分自身を整えていく作業でもあるのです。

 

「研ぎ」を単純作業として、考え事をしたりおしゃべりしながらやる人がいます。

しかし、ひとの雑念はすべて体の動きに反映され、

指先までにもそれは伝わっていきます。このような状態で準備された道具はそれだけのものにしかなりません。

そのような作業を何十回、何百回繰り返したとしても、決して研ぎは上達しないでしょう。

 

 道具は私たちの心が投影された、私たちの体の一部です。

素晴らしい仕事をするには、自身の心と体(道具)を最高の状態に整える必要があります。ですので、道具を研ぐ時には「最高に切れる状態」を目指して、そのような心持ちで「研ぐ」ことが大切なのです。

 

 道具の手入れができることは、木工の基本です。

これができて初めて、木工作業に取り掛かることができます。

なので、私の学校ではまず始めに「刃物の研ぎ方」を教えています。

私が研いだ刃物で「最も切れる状態」がどのようなものかを知ってもらい、そこを目指して刃物を研いでいきます。

 

完璧な状態を知れば、自分が目指すべき状態を定めることができます。

まず知っておくべきは、最良の状態です。

最良の状態に研げるようになるには時間がかかりますが、慌てずに確実に研ぎの技術を身に着けていくことが、早く綺麗な仕事をする一番の方法です。

 

あなたが一度でも最良の刃物の状態を作りだすことができれば、

たとえどんな条件であってもその技術で刃物を整えることができるのです。

 

 準備は、その仕事の8割を占めるとも言われます。

つまり道具の準備が整えば、その仕事はもう8割済んだと言っても過言ではないのです。

それほど、道具を良い状態に準備しておくこと、つまりあなたの心を最高の状態に整える事こそが、とても大切なのです。

 

毎日の作業開始前には必ず道具の手入れを行い、心と体(道具)を整えましょう。

Sharpening~研ぐ~